家を建てる前に考えた事

暮らし

ライフプラン表を作成

まず、今後のお金の流れなども把握できるのでライフプランを書き出す事をオススメします!

この先どうなるか分からない、、という方でも今、とりあえず近くにある紙にでも書いてみてください!変わったらその都度修正すればいいんです。恥ずかしかったら誰にも見せなきゃいいんですよ

後になって、もっと早くに考えておけば良かった〜と後悔しない為にも一度未来予想図を描いてみてください。    人生は一度きり!!

ライフプラン表参考リンク

ライフプラン表書き方

自分・家族の年齢、イベント、目標、キャリア、この先どんな人生にしていきたいか、今はどうなんだ、とこのように何でも書いて可視化すると、ゴールに対しての期間、それに対して必要な事が明確になり、脳が働きやすくなります。まさしくテスト前勉強と一緒です。

この時、ご家族の希望や考えも聞けると、あれ?定年後も働くと思い込んでたけど、夫は早期リタイヤで田舎暮らしする気だった⁉︎とか思い違いを回避できるかもしれません。

主に書き出すのは、

  • 結婚、出産、進学、就職、退職、子独立
  • マイホーム、車購入、リフォーム
  • 子イベント(七五三など)、旅行
  • 転職、起業、留学、資格
  • 趣味、習い事、ペット
  • 介護、老後

一緒に給与などの収入、生活費や住居費
などの支出も入れると収支が掴め、全体像が見えてきます。

教育・住宅・老後費用は大きいので、早い段階で目標額を認識し、貯蓄や運用など時間を味方にした方がよいです。

私の家では、高校までの学費は日々の生活費の中で捻出し、大学費用に1人500万貯める予定です。

老後はゆとりある生活の36万/月を目標にすると、20年分で8640万!これに年金分を引いて〜話が逸れてしまうのでお金の話はまた後日に回します!!

こうして、ライフプラン表を作り私の場合、結婚し子供が小学生になり、次は住む場所について考えようという気持ちが強くなりました。アパート暮らしだけど、いつまでこのままでいくのかな?と。

住むところについて

持ち家か賃貸か、アパートかマンションか、はたまた同居か別居か。タイミングは、、、。

それぞれの家庭、その人その人の価値観・環境により、何がベストなのかは違ってきますよね。

ネット検索をしていると、「持ち家とアパートどちらが得か徹底比較!」「賃貸のが賢い」「持ち家は老後ゆとり」「買って後悔」・・・なんて出てくるともうどれがいいのかわからなくなってしまったので、ファイナンシャルプランナーの方に個別相談したり、講習会やスーモ・住宅展示場に行き話を沢山伺いました。

ファイナンシャルプランナー参考リンク

家を買う前に!住宅購入とローン相談はファイナンシャルプランナーへ
住宅購入の前にはファイナンシャルプランナーに相談し「マネープラン」を行うことが大切です。住宅購入の相談をファイナンシャルプランナーにするメリットや、住宅購入で考えなくてはいけない大切なこと、などを解説しています。
: 家を建てる前に考えた事

何を基準に考えるか

プランナーさんたちはその家庭の懐事情でどのくらいの家に住めるのかをたたき出してくれます。あとは、自分・家族の生活環境ー職場の場所、子供の送り迎えやよく行く場所、実家、進学、介護、給付金や税金の優遇、日中の生活パターン、どんな時に幸せを感じるか、今不便に思っている事、それぞれのメリットデメリットを出して頭を整理しました。

思うに、最初に思い描いた希望を叶えるための理由づけをしたかったんだと思いますが、、結局パートナーの思いと自分がこういう人生をおくりたいと選んだミチが一番ではないかと思います。

PC苦手な自分がアタフタなりながらブログを立ち上げました。拙い記事を読んでくださりありがとうございます。今後も読んで前に進んでいけるような、ちょっといい事知ったなと思ってもらえるような記事を書いていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました